【お金が足りない!】そんな時どんな状況でもお金を借りる方法は必ずあります!

急な病気や入院手術、子供の学費、冠婚葬祭など、急な出費でまとまったお金が必要な時は誰にでもあります。こういった緊急時に、一時的にお金を借りる方法をまとめてみました。それぞれの借り方によって、メリットや注意点などがありますので自分にあった借入方法をみつけましょう。

即日でお金を借りられる方法

お金を借りる場合、できれば即日に借りることができれば助かりますよね。そこで、即日融資が可能な方法をいくつかご紹介します。

消費者金融カードローンは融資までに最短1時間

なるべく早くお金を借りたい人におすすめな方法が、消費者金融のカードローンです。カードローンとは、無担保、保証人なしで審査に通過すればお金を借りることができる、個人向け融資のことです。

 

カードローン契約を結ぶと、利用可能限度額範囲内であれば、コンビニや提携ATMからいつでもお金を借りることができます。

 

消費者金融は総量規制法が適用されるため、借り入れ限度額は年収の1/3以内に制限されています。しかし、大手消費者金融は審査時間が早く融資まで約1時間という速さで融資を受けられ、毎月安定した収入がある方であれば、雇用形態にかかわらず借りることができるのが魅力です。

 

銀行のカードローンより金利は高いですが、ほとんどの大手消費者金融は、初回に限り30日間金利0円という無利息期間を設けているため、短期間に返済ができて、即日融資を受けたい方にとてもおすすめです。返済は分割返済が基本で、毎月1回の決められた日にお金を返済します。

クレジットカードキャッシングならいつでも借りられる

クレジットカードを持っている場合、キャッシング枠がついていれば即日お金を借りることができます。

 

キャッシング枠が付いているかわからない場合、カード会社に問い合わせるか、アプリ、ホームページの会員専用サービスなどでも確認することができます。もしキャッシング枠が付いていた場合、カードさえあれば利用可能限度額以内でお金を借りることができます。ただし使い方には注意が必要で、キャッシング枠を利用するとショッピング枠が減るという特徴があります。

 

例えば、ショッピング枠が50万、キャッシング枠が20万のカードで10万のキャッシングをした場合、残りのショッピング利用可能額が40万に減ってしまいます。

 

これを覚えておかないと、利用枠の制限を超えてしまいカードが使えなくなってしまう可能性があります。返済もクレジットカードと一緒で、翌月か翌々月にショッピング分と一緒に一括引き落としが基本です。金利は消費者金融カードローンより金利は高いですが、審査なしでATMで引き落としするだけですぐに現金が手に入るのでとても便利です。

質屋なら審査なし!誰でも利用可能

自宅に、ブランド物のバッグ、高価な貴金属や腕時計、パソコンなどの電化製品がある場合、質屋を利用する方法もあります。

 

質屋は審査がないため、信用情報を確認しないのが特徴です。そして品物を預ける代わりにそれを担保としてお金を借りることができます。もし期日までにお金を返せなかった場合でも、預けた品が質流れとなって返済が完了します。大切なものを失う虚しさはありますが、万が一お金が用意できなかった時は返済しなくてもいいという点では安心感があります。

 

デメリットとしては、カードローンキャッシングと比べると金利が高い点です。質屋は質屋営業法に基づいているため、賃金行法の上限金利とは別に設けています。そのため、キャッシングより金利は割高になってしまいますが、信用情報に問題がある人、カードローンの審査に通らなかった人、とにかく早く現金が欲しいという方におすすめです。

預金があるなら定期預金担保貸付がおすすめ

もし定期預金を組んでいる場合、キャッシングするよりも定期預金担保貸付でお金を借りるのがおすすめです。

 

定期預金担保貸付は、金融機関に預けている定期預金を担保にしてお金を借りる方法です。定期預金を解約することなく貯めている定期預金を担保にするので、これまで貯めてきた定期預金を解約せず借りられるので、使いすぎを防ぎます。

 

カードローン審査に通らなかった方や、無職の方でも審査なしで借りられて、普通預金口座からお金を引き出すだけなので即日融資も可能です。

 

限度額は定期預金金額の90%と上限が決められており、金利はカードローンやキャッシングと比べてもダントツの低さです。

 

返済方法は、普通預金口座にお金を入金するだけで自動的に返済にあてられます。返済期日も定期満期日までなので、カードローンのように返済に追われることなく安心して借りることができます。

生命保険に加入している人は生命保険契約者貸付

生命保険契約者貸付とは、貯蓄性のある生命保険に加入している場合、解約返戻金を保険会社から借入できる制度です。

 

解約返戻金とは、保険契約が解除された時に、払い戻されるお金のことです。契約者貸付制度は、解約返戻金の7〜9割を上限に何度でも借り入れが可能で、利用目的も自由、審査や保証人も不要です。金利は保険会社や保険商品ごとに異なりますが、カードローンやキャッシングと比べても非常に低いのが特徴です。返済完了は保険の契約満了までなので、家計の状況に合わせて不定期に返済することが可能です。

 

ネット申し込みで当日に入金、振込できる保険会社もあるのでとても便利です。もし解約返戻金のある保険に加入している場合、貸付制度がないか確認してみましょう。

会社勤めなら給与前借り

会社員の場合、給与の前借りも借り入れ方法の選択肢の一つです。給与の前借りは、労働基準法第25条に定められており、緊急性が認められた場合のみ適用されます。

 

緊急事態とは、「出産、疫病、災害、その他厚生労働省令で定める非常の事態の場合」となっており、こういった場合、会社は前借りを認める必要があります。

 

生活費が必要、冠婚葬祭費、などはあてはまらないので理由には注意が必要です。どのぐらい前借りできるのかというと、これまで既に働いた日数分のみになります。会社は、働いていないのに給料を渡してしまうと法律違反となり罰せられてしまいます。緊急に必要な場合、午前中の早いうちに申し出れば即日前借りができる場合もあります。

使用していない車があるなら自動車担保融資

自動車担保融資とは、車を担保にしてお金を借りることです。車担保の業者は、利用者の車の査定金額に見合った金額を貸してくれます。融資方法は、「預かり融資」と「乗ったまま融資」という2つの方法があります。

 

預かり融資は業者に車を預けてしまい、契約してから完済するまで車を業者に預ける方法になります。預ける場合、事故などを起こす心配がないという理由で高い金額を借りることができます。反対に、乗ったまま融資は車を業者に預けずにそのまま乗り続けながら融資を受ける方法です。車がないと仕事に行けないという人にとっては、大きなメリットになります。

 

ただし、どちらの方法でもお金借りている間は車の名義が貸金業者に変えらてしまい、車が完全に業者のものとなってしまいます。万が一、悪質業者にあたり勝手に車を売られてしまっても違法にはならないため、泣き寝入りとなってしまう場合があります。車融資は、信用情報がブラックで、お金を借りられない人やカードローンの審査に落ちた人なども利用できるので、そういった人の弱みにつけこんだ悪質業者も存在します。誰でも借りられる分、注意点をしっかり把握していないと危険なリスクも潜んでいることも覚えておきましょう。

親から借りる

ご両親が健在の場合、どうしてもお金が必要な時に頭をよぎるのは、親から借りる方法ではないでしょうか?親であれば利子を取られる心配もなく、返済日も家計の状況に合わせて返済することができます。

 

親からお金を借りる際に注意して欲しいのが理由です。親は身近な存在のため、安易に嘘をつくとすぐにバレてしまい信用を失う可能性があります。

 

借りる時は、嘘をつかずに正直に困っていることを伝え、返済計画もきちんと伝えた上で借りましょう。

 

また、親からお金を借りる場合、借用書や返済履歴がない場合、贈与とみなされ贈与税が発生します。贈与税は、年間110万円以上を受け取ると発生するため、借りたお金ということを証明できるように借用書は忘れずに作成しましょう。

親しい友人から借りる

親から借りられない場合、親しい友人から借りる方法もあります。しかし、お金で関係がギクシャクすることもあるため関係を壊したくない場合は特に注意すべきことがあります。

 

それは、借金の返済期日を一括または短期間にすること、利息を自分から提案する、そして返済計画をきちんと話すことです。

 

いつが給料で、家賃がこれぐらいで生活費を差し引いた分これぐらい残るからその分から返済しますなど、具体的に話しておいた方が友人も安心です。借用書は必ず用意して、履歴が残る形で振込などにすればお互い安心です。お金に対して不誠実な対応をすれば信用が失われ、今まで築いてきた関係が一気に壊れてしまいます。お金より大切な一生の財産を失わないように、絶対に返済できる時のみ借りるようにしましょう。

融資までに期間を要するお金借りる方法

お金を借りるまでに数日かかりますが、安心安全にお金を借りる方法をご紹介します。

銀行カードローン

銀行カードローンとは、銀行が提供している個人向けフリーローンのことです。基本的に消費者金融のカードローンと仕組みは同じで、契約時に決められた利用可能限度額までなら何度でも借り入れすることができます。

 

審査は厳しく、個人情報を警視庁のデータベースと照合したり、消費者金融より信用情報に関しての審査が厳しいため、融資までに数日かかってしまいます。

 

しかも銀行口座を持っていない場合、口座作成に1週間程度時間がかかってしまうため、さらに時間を要することもあります。しかし消費者金融よりも低金利でお金を借りることができるので、返済計画が長めの方にはおすすめです。

信販系カードローンで借りる

信販系カードローンとは、クレジットカードの発行やカードローンを専門とするクレジット会社が発行しているカードローンです。

 

全てに信販会社がカードローンを発行しているわけではないので、確認が必要です。一般的に消費者金融より金利は低く、中には銀行カードローンより低金利で融資を受けられるサービスもあります。

 

しかも口座開設が不要なので、気軽に申し込むことができます。審査を申し込む信販会社にクレジットカードを利用していて、返済も滞りなく行われている場合、審査が有利になるというメリットもあります。審査を通りやすくしたい場合、現在利用している信販会社のカードローンに申し込むのがおすすめです。

郵便局で借りる

郵便局でお金を借りる場合、担保を元に融資を受けることができる方法があり、郵便局に預貯金がある方にはとてもおすすめです。

 

具体的な方法は、財産形成貯金担保貸付け、貯金担保自動貸付け、国債等担保自動貸付けという3つの貸付方法があり、全て担保を元に貸付を行なっているため、返済能力を問われずに借りることができます。

 

審査もなく、担保さえあれば借りられるので、未成年、年収がない人、無職の人でも借りることができます。返済も手軽で、低金利というメリットがありますが、担保がなければ借りられないので、融資を受けられる人は制限されてしまいます。

不動産担保ローン

不動産担保ローンとはその名の通り、不動産を担保にしてお金を借りる方法です。

 

不動産とは、一軒家、土地 、マンション、別荘などを指し、名義人は本人はもちろん、配偶者、両親など他人名義の不動産を担保にできる業者もあります。不動産担保のメリットは、融資額が大きく長期での借入ができることです。また、消費者金融カードローンやキャッシングと比べても低金利で融資が受けられるのが特徴です。借入限度額は不動産の価値によって変動しますが、数千万円などの大金を借りることも可能です。

 

返済期間は数十年と長期に設定することができますが、その分利息の負担が大きくなります。ただし、返済計画をきちんとしていないと、返済が滞った時に不動産が売却されてしまうリスクが伴います。上手に借りれば、起業資金や開業資金に活用できるため、不動産をいくつも所有していて、銀行融資に頼れない人にはとてもおすすめです。

労金でお金を借りる

労金とは、労働金庫の略称で、全国に13箇所ある民間主体の金融機関です。労働組合や、生協が会員になって運営をしており、働く人同士が助け合うために資金を出し合っています。

 

業務は銀行とほぼ同じですが、営利目的ではないため公的要素の強い金融機関となっています。銀行のように、預貯金をしたり、住宅ローン、自動車ローンなどを利用することができもちろんカードローンも組むことが可能です。利益を目的としていないため、銀行のカードローンより低い金利で借りることができるというメリットもあります。

 

労金が運営するカードローンを利用するには、まず労金に申し込み、その後審査を通過できれば融資を受けることができます。返済能力に応じて限度額が設定され、金利や限度額は各地方の労金によって違います。金利が低い分、申し込み資格条件や審査が厳しいというデメリットがあります。信用情報に長期延滞などの履歴が残っている場合、審査に落ちてしまいます。信用情報に問題がなく、しっかりとした安定収入があり返済計画もしっかり立てられる方にとてもおすすめです。

JAバンクのカードローンで借りる

JAとは農業協同組合のことを指し、英語の略称です。そのJA(農業協同組合)、農林中央金庫、信用農業協同組合の3つの団体で構成されるのがJAバンクです。

 

そのJAバンクでは、カードローンを利用してお金を借りることが可能です。このJAバンクのカードローンの申し込みは農業従事者、JAバンク会員以外の方でも申し込みが可能です。特徴としては、消費者金融に比べ金利が低く、審査が厳しいことが挙げられます。年収、勤続年数、年齢、信用情報によって厳しい審査が行われるため、年収が低い場合や収入が不安定な場合、審査通過は厳しい可能性があります。

 

また、保証会社の保証を受けなければなりません。保証会社とは、連帯保証人のような存在で、カードローンの申し込み条件を満たさなければ保証を受けることができません。こういった審査が厳しいため、融資までに1週間前後の期間が必要です。JAは全都道府県にあるわけではないので、住んでいる地域によっては利用できないケースもあります。

国、市役所、区役所から借りる

もし本当に困っている場合、国や市役所、区役所からお金を借りる公的融資制度を利用するのがおすすめです。

 

公的融資制度は、「健康で文化的な最低限度の生活」を送れるよう、利用者の属性によっていろいろな制度が設けられています。低所得者や高齢世帯、障害者世帯であれば、生活福祉資金貸付制度というものがあり、生活が苦しい時の支えとなってくれる貸付制度があります。他にも失業者向けの求職者支援資金融資制度、未成年の子供を育てている配偶者のいない人のために母子父子寡婦福祉資金貸付、子供の教育費を必要としている保護者のための教育一般貸付など、様々な理由で生活が困窮している人にとってはとても助かる制度です。

 

ほとんどが、無利子、または低金利で借りることができ、制度によっては返済期間を長期間で設定することも可能です。そういった公的融資制度を受けるためには、社会福祉協議会に申請をして、厳しい審査を通過したのちに融資してもらうことができます。国のお金なので、丁寧な審査をするため、実際に融資が実行されるまでに2週間以上かかります。

目的&職業別にお金を借りる方法

お金を借りる理由はいろいろあって、借りる人の職業も様々あります。目的、職業別にお金を借りる方法をご紹介しますので、自分の状況にあった借り入れをして計画的に返済しましょう。

即日に誰にもバレずに借りたい人は消費者金融

事情はなんであれ、一緒に暮らしている親や家族に知られたくないという人は消費者金融での借り入れがおすすめです。消費者金融であれば、WEB完結申し込みサービスをしている業者もあり、カード発行も自動契約機で済ませることができます。また借り入れ状況をWEBやメールで確認するようにしておけば、自宅に郵送物が送られてくることを防げます。審査時の会社への在籍確認を避けたい場合、社員証や在籍証明書があれば柔軟に対応してくれる業者もあるので誰にも知られることなく借りることがきます。

低金利重視で借りたい人

低金利でお金を借りるというと、銀行カードローンが浮かびますが、実は驚くほど低い金利で借りることができる公的制度があります。それが勤労者融資制度です。通常公的融資制度は、低所得者や高齢世帯、障害者世帯など事情がある方で条件に当てはまらなければ借りることができません。しかし、勤労者融資制度は、多くの人が利用できます。申し込み対象者は、制度がある自治体に一定期間以上住んでいて、一定期間以上勤務されている人と中小業に勤めている人です。主に勤労者向けの制度で、中小企業に勤めている人、育児休業中、介護休業中の人を対象にした低金利でお金を借りられる制度です。金利は圧倒的に低く、無利子または2%ほどで借りることができます。金利が低い分、信用情報などの審査が厳しく申し込みをしてから融資までには、最短10日ほどかかります。融資限度額や返済期間は自治体によって異なるので、それぞれ確認が必要です。自治体ごとに制度の名称が違うので少しわかりづらいのですが、住んでいる地域にこういった制度がある場合、とても低金利でお金を借りることができます。

会社員なら従業員貸付制度

従業員貸付制度とは、勤務先の会社からお金を借りられる制度です。企業によって、条件は異なりますが、ほとんどの会社が勤続5年、正社員であることを条件に車内貸付制度を利用することができます。利用条件は、病気や怪我による治療費、身内の葬式の費用、災害による修繕費、空き巣被害などでの生活困窮のためなど緊急でまとまったお金が必要になり金銭面での生活の不安から業務に支障をきたす可能性のある人を対象としています。特徴として、カードローンより金利が低く、借りられう限度額が会社によって異なる点です。金利は2〜4%程度と低く、返済方法は生活に支障がでない程度の額に設定され給与天引きとなるケースが多いため安心して借りることが可能です。融資までには2週間から1ヶ月程度必要なので、余裕を持って申請する必要があります。

公務員なら共済組合で借りる

公務員の場合、共済組合の貸付制度を利用してお金を借りるのがおすすめです。共済組合とは、国家公務員、地方公務員、私立学校職員がそれぞれ強制加入する互助的救済組合のことで、組合員同士で支え合うために構成された組織です。その共済組合には、普通貸付という制度でお金を借りることができます。普通貸付の使途は、日常生活に必要な臨時収入と限定されており、領収書、見積書によって内容を確認されます。限度額は、月額給与の6倍までで、上限が200万とされています。金利は年利 2.66%程度に設定されており、カードローンや銀行より低金利です。審査時に使途がわかるものを提出しなけれなならないので、揃えるのは大変ですが、与信審査では信用情報機関の照合などはしないため、それほど厳しくないとされています。保証人や担保もなく借りることができ、給与天引き、退職金控除があるため貸倒の心配がありません。

事業の資金でお金を借りたい人

個人事業主や中小企業の経営者は収入が不安定という理由から、金融機関のローン審査で不利になり融資を受けるのが非常に厳しいのが現実です。そういった人達におすすめなのが、事業ローンです。事業ローンとは、収入が不安定な事業主が資金繰りに困った時に融資を受けることができるローンです。国が出資している公的機関や銀行などの民間業者のものに分かれます。事業ローンとして利用できるものには、ビジネスローン、日本政策金融公庫、フリーローンがあります。ビジネスローンとは、銀行や消費者金融が取り扱う事業資金のための無担保ローンのことです。また、日本政策金融公庫は、100%政府が出資している営利を目的としない金融機関で、個人事業主向けの融資制度がとくに充実しています。もうひとつフリーローンとは、用途を限定することなく使えるローンですが、金融機関によっては事業資金に使うことをNGとしている業者もあります。事業ローンの特徴として挙げられるのが、担保、保証人が不要、総量規制の対象外という点です。そのため、連帯保証人なしで申し込むことができ、利用可能限度額を気にすることなく融資額を希望できます。金利については、日本政策金融公庫が1%〜2%ととても低く、銀行や消費者金融のビジネスローンより低金利で借りることができます。事業資金もいろいろな方法で調達する方法があるので、活用してみましょう。

未成年がお金を借りる方法

未成年はカードローンを組むことができません。未成年でもお金を借りられる方法は学生ローンです。学生ローンとは学生専用のカードローンのことで、親の同意があって必要書類があれば未成年でも借りることができます。金利は消費者金融並みに高いですが、アルバイトなどの毎月決まった収入さえあれば借りることができるのが特徴です。利用限度額は10万円程度と低く設定されているところが多く即日融資も可能です。もうひとつの方法が、クレジットカードのキャッシング機能を使う方法です。クレジットカードは基本的に親の同意があれば、未成年でも作ることができます。その際にキャッシング枠を設ければ、いつでも自由にお金を借りることができます。こちらも金利が高いのが特徴ですがとても便利です。

学生がお金を借りる方法

学生の場合、20歳以上でアルバイトなど毎月決まった収入がある場合、消費者金融や銀行カードローンで契約することができます。ただし未成年の学生は、先ほど説明したように学生ローンで借りることになります。こういった消費者金融での借り入れは、気軽に借りられますが金利が高いのが特徴です。また、奨学金制度でお金を借りる方法もおすすめです。奨学金は利息なしと利息なしの2種類あり、その審査は学力と親の収入によって決められます。用途は学費、部活の活動費、生活費、食費などにあてることができ、お金の心配をせずに学業に専念できるようにする目的があります。ただし卒業後に返済しなければならないため、親とよく話し合って決めることが大切です。

収入のない主婦がお金を借りる方法

専業主婦で収入がない場合、消費者金融からお金を借りることはできません。そのため専業主婦は、配偶者収入によって契約ができる、銀行カードローンやクレジットカードがおすすめです。クレジットカードの場合、キャッシング枠を契約時に設けておけば利用可能限度額の範囲内でお金を借りることができます。また、銀行カードローンは配偶者収入があれば安定した収入があるとみなされ審査に通過します。専業主婦が借りる場合、金利が低く配偶者収入があれば借り入れ可能なネットバンクでの借り入れがおすすめです。ネットバンクの場合24時間受付可能、手数料無料、30日間利息0円キャンペーンをやっているところもあるので、上手に活用すれば利息が家計の負担になることなく借りることができます。

年金受給者がお金を借りる方法

定年退職をした年金生活をしている人70歳以上の人はカードローン契約ができません。しかし、年金を担保してお金を借りる年金担保貸付制度や、生活福祉資金貸付制度という公的制度を利用することで、低金利で融資を受けることができます。対象は年金をもらっている人のみで、年金証書がないと融資が受けられません。

ブラックの人でもお金を借りる方法

ブラックとは、金融ブラックと呼ばれている過去に返済トラブルを起こした信用情報に問題のある人のことをいいます。長期延滞、債務整理、強制解約がこれにあたります。当然ながらブラックリストに名前が載った人は、個人信用情報機関を通じて、各金融業者で共有されています。そのためブラックの人は金融機関ではお金を借りることができません。そのため、闇金などに走る人が多いのもそのためです。ブラックの人の場合、審査のない質屋で物を担保にお金を工面するのが得策です。信用情報の照会がないため、高価なものさえあれば誰でもお金を借りることができます。

教育資金が足りない人

子供の進学が重なり、家計や貯金から学費を捻出できない場合、教育ローンでお金を借りる方法があります。銀行の教育ローン、日本政策金融公庫の教育一般貸付、奨学金といった種類があり、金利も条件も様々です。主に学校に関係する費用であれば用途はどんなことでも使えるのでとても便利です。金利は平均2〜4%と低いので借りやすいのも魅力です。返済期間は最長10〜15年で無理なく返済することが可能です。金利の面では日本政策金融公庫がおすすめですが、自分にあった借り入れを塾考して検討してみるのがおすすめです。

まとめ

今回は、即日でお金を借りたい人や、消費者金融以外でお金を借りる方法などをご紹介しました。お金の心配があると心の余裕がなくなり、闇金などに手を出してしまう人も多いでしょう。そうなる前に、お金を借りる方法はいくらでもあることを知って、自分にあった借り入れ方法で無理のない返済計画でお金を借りましょう。